ニキビ跡を綺麗に治すニキビ跡ケアが知りたい!

ニキビ跡の3つのタイプについて

ニキビの跡には3種類のタイプがあります。それぞれのタイプとも異なる原因があり、自分のタイプがどれかを 見極める事で取る対策も違ってきますので、まずは3タイプの特徴を知っておきましょう。また、他のタイプの ニキビに今後悩まされた時にも役に立つはずです。

まず一つ目が、赤みが残ってしまうタイプです。これは肌の奥の方で炎症が起こっています。ニキビの症状が ひどいと、肌の奥まで炎症が広がってしまい、それが赤みとして、表に出ています。赤みは時間が経てば徐々に 引いていきます。

定期的に肌の細胞が入れ替わっており、赤くなっている所も細胞が入れ替われば元の色に 戻ります。細胞の入れ替わりを促進するために規則正しい健康的な食事を心がけましょう。

二つ目がしみになってしまうタイプです。こちらも肌の炎症が原因ですが、メラニンが肌の中で作られています。 炎症の刺激で反応が起こり、しみの原因成分であるメラニンが生じやすくなり、しみ・そばかすとして現れます。

しみも肌細胞の入れ替わりによって薄くなりますが、それとともに、メラニンの形成をこれ以上防ぐため、UVに 強いスキンケア用品などを使う事で紫外線防止対策をしておきましょう。

三つ目がクレーター状になるタイプです。こちらはニキビの炎症がひどくなり、皮膚の組織が死んでいる状態です。 特に年齢を重ねてからニキビになり、潰してしまうなどケア方法を間違えてしまうとなりやすいです。

通常のスキンケアでは治りにくく、そのままになってしまうという方も多いです。個人差はありますが、ニキビケア用のピーリング効果のある化粧品が販売されているので、そちらを試してみるのがお勧めです。

肌が炎症になりやすい体質の人というのはいますし、顔の肌が固めの方はニキビの際に炎症になりやすいと言われて います。毎日のこまめなケアでニキビは防ぐ事ができますので、自分のタイプを見極めて、しっかりとケアして いけばニキビに悩まされる事も減っていくでしょう。