ニキビ跡を綺麗に治すニキビ跡ケアが知りたい!

あごのニキビの原因と対策

ニキビは、あごに出来ることもあります。 あごに出来てしまったニキビの原因として一番多いのは、なんといってもホルモンバランスの不安定からきているものです。

男性の場合、あごにはひげが生えていますよね。 それは、ホルモンの働きが活発である証拠でもあります。 そのため、あごとホルモンは実は密接に関係しているのです。 ホルモンバランスの乱れは、月経前などの体調的理由もありますが、ストレスに起因していることも多くあります。

まずは積極的に気分転換をするなどしながら、ニキビと向き合っていくといいでしょう。 たまの休日に思いっきり羽を伸ばしたりしながら、ストレスを解消していけば、知らない間にニキビがなくなっていたということも少なくありません。

また、頬杖を多くついてしまうクセのある人も、あごにニキビが出来やすいとされています。 手は非常に多くの場所を触りますので、雑菌もかなり繁殖しやすい部位です。 頬杖をついてしまうことによって、その手の雑菌があごへと移動し、弱っている肌にニキビを作ってしまうということもあるのです。

対策としては、肌そのものを強くすることと、出来る限り頬杖をつかないこと、頻繁に手を洗うことが挙げられます。肌そのものを強くするには、ビタミンを積極的に摂取する必要があります。 ビタミンは、食材からもサプリメントからも取り入れることが出来るため、毎日少しずつでも継続的に摂取することをおすすめします。

肌そのものが強くなれば、外から雑菌が入ってこようとするのをブロックすることも可能です。 傷の治りも速くなるので、今あるニキビの後残りもしやすいので、ビタミンを摂取して損はないでしょう。

頬杖をつかないようにするのは、癖の問題もあるので、なかなか簡単にはいきません。 でも、気付いたときに治そうとするだけでも、だいぶ変わってきます。 ふと無意識についてしまったとき以外は、意識していくだけでもいいので、心がけてみましょう。

手を洗うことは、雑菌からの風邪の予防にもつながるのでおすすめです。 同時に洗顔料なども見直しながら、清潔さをキープしていきましょう。
クオリティーファースト企業理念