ニキビ跡を綺麗に治すニキビ跡ケアが知りたい!

ニキビとストレスの関係

過剰なストレスは、ニキビの大きな要因となります。 実はストレスは、ニキビに直接関係しているのです。 肌荒れが目立ち始めたら、ストレスが溜まっているのか心配になったりしませんか。 これは誰かが適当に言ったことではなく、しっかりしたデータに基づいた噂なのです。

ストレスがかかると、体はストレスを減らすように動いてくれます。 これはもちろん無意識下で行われることなので、自分がそのストレスを自覚するしないにかかわらず行われる作用です。ストレスがありすぎる状態だと、体はだんだんと機能を停止していきます。

脳からの指令が絶えず体内を駆け巡っている状態が通常ですが、この指令がだんだんとスローになり、反応もにぶくなっていきます。 これがあまりにもひどくなると、健康を保てなくなるため、 一種の自主防衛として、ストレス排除の動きが起こるのです。

ストレス低減のためには、体内にあるとあるホルモンを体に多く分泌させることになります。 このストレス低減に利用されるホルモンは、テストステロンと呼ばれます。 テストステロンは、男性ホルモンの一種であり、その構造も男性ホルモンに非常に酷似しています。

テストステロンは本来女性にはあまり多く分泌されないのですが、ストレスに左右されて、増減します。 ストレスがかかれば、それだけ多くのテストステロンが分泌されてしまいます。

このテストステロンは、通常の状態だとなにも悪影響はありませんが、 過剰になってくると、肌における皮脂管理に影響を及ぼしはじめます。 皮脂の管理が行き届きにくくなるため、テストステロンがあまりにも多いと、皮脂過剰となり、ニキビの原因となってしまうのです。

こういった悪循環にならないようにするためには、積極的にストレス発散をしていくことが必要です。 趣味に没頭するもよし、気晴らしに出かけるもよし、自分らしいストレス発散方法や、気分転換を見つけましょう。

ストレッチやアロマテラピーにも効果があるとされています。 忙しい毎日の中でも、少しずつ自分のために時間を使っていきましょう。